市販で買った『ピアリカ デリケートホイップ パック&ウォッシュ』が予想以上に良かった話

市販で買った『ピアリカ デリケートホイップ パック&ウォッシュ』が予想以上に良かった話

デリケートゾーン専用愛されホイップ

化粧下地が切れたからと訪れた美容雑貨店で。レジに行く寸前に目があっちゃったんだよね。

この「piarica デリケートホイップ」と。

手にとって見ると、デリケートケア専用のパック&ウォッシュって書いてあるじゃない!

コレは買うでしょ。記事のネタになるし、値段も手頃だし、何より好奇心が美意識とタッグを組んだらもう止められないよね。

ということで今回は久しぶりのレビュー記事。

炭酸ホイップ泡と12種類の美容成分

さてさて、使う前に情報戦。何気に色々理解した上で使ってみたい派です。予備知識バンザイ。

発売日はどうやら2014/12/12と、意外にも昨年からすでに発売されていた模様。でも市販で店頭に並ぶまでって、結構時間かかるものだからね。仕方ないかな?

さてさて、肝心の成分やいかに。

デリケートゾーンにあわせた弱酸性なのは、最早最低条件。でもその他ニオイやかゆみ、黒ずみ、ヘアのごわつきに強い12種類の美容成分配合っていうのがかなり魅力的じゃない?

炭酸ホイップ泡と12種類の美容成分photo by MAKE UP ONLINE STORE

そして何より、珍しいなぁって思ったのが「メイドインジャパン」であること。

今やスキンケア等々のアイテムがメイドイン中国やタイがメジャーなのに、まさかの国内産。日本人の肌は外国人に比べて敏感だったりするから、ココにすごく安心感が出たよね。

と同時に、「あー国内産でも元が取れるほどこの市場が拡大しているんだなぁ」なんて腐れた思考をしちゃったりしてね。

…女性の美意識が食い物にされr(好奇心にかられて購入した人間のセリフじゃない)

口コミもいい感じ

口コミもいい感じphoto by MAKE UP ONLINE STORE
口コミを調べようと思ったら。最早口コミの代名詞、@コスメでしょ。まだ発売から間もないからか、数は少ないけどいい感じのコメントばかり。

「ピアリカ デリケート ホイップ パック&ウォッシュ」@コスメ最新クチコミ

中にはシェービングクリームとしても使えるとの口コミを発見!確かにこれだけの美容成分が配合されていて、弱酸性で濃密泡で…ってなればそりゃそうだ。

なんて、ムダ毛処理後につけたいパイナップルエキスが配合されているじゃない。コレはV・I・Oラインを入浴時に自己処理をしている人にとっての救世主なんじゃない?

使ってみた感想

早速使ってみると…言いようのない爽やかさが感じられて気持ちいい!

ワンプッシュでまさにもちもちホイップ。CMじゃないけど手の平を下にしても落ちないほどきめ細かい。

そんな贅沢ホイップだから、意識しなくても優しくデリケートゾーンを洗えちゃう。

コレって、実は何気にポイント高いよね。思わず気になる箇所だからこそ、念入りに洗いがち。でも過剰な洗浄をしてしまえばトラブルの元。それじゃ本末転倒だからね。

そしてその泡で優しく包んだ後、10秒放置するだけでパックも完了しちゃうという…。

ナニソレ、簡単すぎじゃない!?言いたくなるでしょ。

でも放置している間、きめ細やかな泡が弾ける感じというか表現しにくい清涼感があるんだよね。だから「今パックしてるんだ!」って実感があるから置き過ぎることもなく流せちゃう。

何より、私はこの弾ける感じにドはまり中。だってものすごく爽やかで気持ちいいんだもの。変態の戯言だと思っている人ほど、使ってみなさいよ。きっと共感せざる得なくなるから(笑

おかげでどんなに疲れていても、ついつい手が伸びちゃう。これからの季節はワキ下や足指の間にも積極的に使っていく予定。

極めつけに、固形石鹸じゃないから衛生面でも浴室放置OKっていうのがズボラ女子の私としてはかなりポイントが高かったりして。

何だかんだ今まで色んなデリケートゾーンソープを使ってきたけど、コレが一番のヒットかも。

ちなみにアンダーヘアも乾燥による爆発がなくなった。さすがメイドインジャパン!(笑

コスパもパッケージの可愛さだって文句ナシ

140gと大容量だから、毎日使っても1ヶ月強は使えちゃう。コスパもいい感じ。

そして何より、パッケージだよね。私の目に止まった時も、まさかデリケートゾーン専用のアイテムだとは思わなかったもの。

これなら実家住まいの人も、一人暮らしで突然彼のお風呂場チェックが入っても心配ないよ。事実、本体裏の商品名も「デリケート ホイップ パック&ウォッシュ」[洗浄料]とし書かれてないから。

買い物帰りにでも、探してみては?

Comment Listこの記事へのコメント

※お知らせ※
記事リクエストについて⇒『募集ページ

コメントする

*