アヒル口、ちゅん顔はビッチを自己演出する表情だった!?人相学から見たイチ視点

アヒル口、ちゅん顔はビッチを自己演出するポージングだった!?人相学から見たイチ視点

オネェにガチで品定めされたらきっと立ち直れない

相も変わらず飲み歩いていたら、先日知人づてにオネェの友人ができまして。楽しく飲んでいたら突然、「口が半開きの女はお股ユルユルなんだよねー」って言い出して。

目線を辿ればそこにはまさに「ぱかーん」って口のあいた、見方一つでは間抜けな女の子。

言葉の真意を聞いてみれば、どうやらオネェの世界では結構有名な話とのこと。

何か根拠があるのかなーって後日ちょいと調べてみたら。なんと人相学で口元がゆるい人は貞操観念が低い人として判断できるって書いてあった。

改めて彼女たちの女を見る目ってスゴイわぁ。とりあえず明るい場所で会うのは避けたいなぁ…なんて逃げ腰なことを考えていたら。

ふと思い出したんだよね。近年女性の間で流行している自撮りの時のポーズ。というか表情だね。あれ?口、半開きじゃね?ってね。

アヒル口だの今ではちゅん顔なんて言われているあの口元。

もしや男性に「もしかしたらヤれるかも」って匂わせるポーズなんじゃないの?ってね。

ってことで今回は特に私独特の持論満載、自己満記事。苦手な人は今すぐ逃げろー。

人相学における唇は女性器を意味する

人相学における唇は女性器を意味する
口というのは、おおよそ食欲や性欲を司る部位として見られているもの。人相学においてもそれは同じ。

中でも、唇は女性器を意味するとされていた。そう、ズバリ

「口元がだらしなく開いている」=「しまりの悪い女性器」

を意味するってワケ。

要するに男なら誰でもOK!すぐにヤれちゃう、男性視点で言えばお手軽なキープやセフレとして扱いやすい女性ってコトみたい。

「しまりの悪さ」は「意志の弱さ」

さてさて。「しまりの悪い女性器」と聞いて、それじゃ膣トレすればいいんじゃん。なんて自己完結している人はいない?その考えは今回の話題においては的はずれ。

トレーニングすべきは意志の強さ。唇のしまりが悪い女性というのは、ひとえに意志が弱く誘惑に勝てない人って意味もあるみたいなんだよね。

どんなに自重しようとしても、声をかけられたら「気持よくしてくれるなら…」ってついて行っちゃう。

目の前の男性が本当に自分を抱くに足るだけの男なのか、その判断がザルになってるって意味。

だから逆に唇のしまりの良い女性は、人相学において貞操観念が発達していて自分の考えをしっかり持っている人だって言われている。

…AVのジャケットで口を引締めたお姉さま方がいないワケだよ。

アヒル口よりもちゅん顔のほうがエロ度は高い

アヒル口よりもちゅん顔のほうがエロ度は高い
なんて、これらを踏まえて流行りの自撮りのポーズを考えてみる。そもそもアヒル口と、最近出てきたちゅん顔ってどんな顔なんだってね。

アヒル口
そもそもアヒル口とは口角が上を向いていて、唇が薄いタイプに多い唇の形を指す。
 
ただ、これをメイクに頼らず擬似的につくりだそうとすると唇が開きがちになるというもの。

ちゅん顔
ちょっと物憂げな瞳で、唇を微かに「ちゅん」と小さく開けたスズメをイメージしたポーズ。
 
アヒル口とは違って唇を意識せず、無防備にうっすらと開けた表情のこと。

ちなみにちゅん顔、「AneCan」が売り出した言葉の様子。

…さて、人相学的に簡単にヤラせてくれる女をより自己演出しているのはどっちだ?

アンチ「アヒル口」がいるワケだ

ネットで「アヒル口」って検索バーに入力すると、予測検索で「アヒル口 きもい」って出てくるんだよね。

むしろ男性受けが悪いとすら言われてたりするのは、これが原因だったって言われると納得出来ない?

貞操観念の低い女性はどうしても嫌悪されやすいからね。

なんて、ここまで書いておきながらも色気のある表情がつくりたいなら、唇はあけるべきだよね。

だって色気とは、無防備さや隙が生み出すものだから。

「隙のない女には色気がない」ってのは有名な話でしょ?同時に「隙のある女ほど可愛いものはない」なんて言葉もあるんだし。

あざと可愛いがあるなら、あざとセクシーだってあっていいじゃんね。

ただしやり過ぎ注意。全ては加減次第、ってね。

付き合ってからキスをする、その意味

付き合ってからキスをする、その意味
口や唇って本当に性的な意味合いが満載なもの。だから口元に指をあてるポーズだって一種のセックスアピールとしてカウントできるはず。

それにしても、唇が女性器を意味してるなんて興味深いよね。だってこれを念頭に置いて、王道の少女漫画を思い返してみれば。

ヒロインが「キス」に夢を抱くのが当然だって納得できる。

だって唇を許すってことは、そういうコトでしょ?

やっぱりキスも大事にしなきゃいけないのかもねー、なんて。

言うだけ言ってみる。

Comment Listこの記事へのコメント

※お知らせ※
記事リクエストについて⇒『募集ページ

コメントする

*