音楽で感じるゾクゾクがイク感覚と同じだという研究結果がある!?

音楽で感じるゾクゾクがイク感覚と同じだという研究結果がある!

音楽でオーガズムを得られるとか鳥肌モノだよ

趣味が音楽鑑賞だという人は挙手!少ないなんて言わせない!!

今や外出時にイヤホンを持ち歩かない人、iTunes入りのiPhone・iPodやMP3プレーヤーを持っていない人を探すほうが難しいもの。

私自身、音楽ナシの1日なんてありえない!お気に入りの曲で自分の聴覚を満たせるって気持ちいいじゃない?

そんな音楽について、カナダのマギル大学のザトーレ教授が驚く実験結果を発表しているのを知ってる?

それは好きな音楽を聴いて背筋が「ゾクゾク」する感覚がセックスで感じる「ゾクゾク」と同じだっていうもの。
 

音楽もセックスも感動を司る脳部位が同じ?

これはNature Neuroscience誌電子版に2011年1月9日付で掲載された研究。神経学者のロバート・ザトレ(Robert Zatorre)教授らが、PETとMRIというがん検診などでも使用される装置を組み合わせた実験を試みた。

実験内容は8人の試験者にそれぞれお気に入りの曲を聞かせて、その時の脳の働きをチェックするというもの。その結果、

お気に入りの曲を聴いていわゆる「鳥肌が立つ」瞬間の脳活動が、セックスなどで快感を得たときに使われる部位と同じである

ことを確認したのだ。

しかも食事や非合法ドラッグを摂取したときも同じ部位が働くという…。え、マジか。
 

音楽で感じるゾクゾクには脳内麻薬も関係している

私をイカせて?
さらに音楽を楽しんでいる時、脳内ではあの有名な脳内麻薬ドーパミンも放出されているという!しかもサビ部分だけじゃなくて、イントロ部分でも今後流れてくるであろうサビを予期して放出されるんだとか。

そもそも

ドーパミンとは、生き延びるために必要な行動を強化するために必要不可欠なもの。

それが特に生存に直結しない音楽を聞くことで放出されるなんて、真面目に考えれば考えるほど謎だよね。

加えてそこに音楽のジャンルは一切関係なく、声のないクラシックから激しいヘビメタまで聞く人が楽しんでいれば同様の快感、ゾクゾク・ノリノリになれるんだって。

人間のカラダって時たまこんな非生産的なトコがあるから面白い!むしろ私たちの体がこんな反応を起こしちゃうからこそ、

「音楽がこんなにも世界中で受け入れられているんだ!」

なんて論じている人もいるみたい。確かに、納得かも。
 

欲求不満な私をイカせて?

なんて、こんなことを考えるとライブをするアーティストってすごいよね。

だってライブに来る人達は、大好きな曲を生で聞いて「ゾクゾク」したいと思ってる。そのためにお金と時間を使ってやってくる。
 
そしてアーティストはそんな期待に応えるべく、ファンに音楽でオーガズムをプレゼントしてくれちゃうワケだから。

すごすぎでしょ。どんなテクニシャンよ(笑

でも実際、欲求不満な時ほどお気に入りの曲を無限リピートしている気がする私。あなたはいかが?心当たりある?

でもほんと、世界中の人・万人にウケているものっていうのはやっぱりどこかで本能に強くつながっているものなんだろうね。なんせ音楽で得られる感動は【食事】と【性】と同等だったワケだから。

 

Comment Listこの記事へのコメント

※お知らせ※
記事リクエストについて⇒『募集ページ

コメントする


*