フェチでわかる女性心理/ついつい見ちゃうパーツには意味がある?

フェチでわかる女性心理ついつい見ちゃうパーツには意味がある?

フェティシズムとは

合コンだったりデート中だったり、ふとした時によく話題にされがちな「フェチ」。むしろ「ある人の●●がドストライクで、それから気になりはじめて…今ではその人と付き合ってるんだ」なんて人も世の中にはいたりする。

そもそも日本で使われている「フェチ」は「性的フェティシズム(性的嗜好)」のコトをさす。つまり

「キミはなにをみると性的に興奮する?」ってのを何気ない会話のタネにしてたんだってこと。

…言葉にしてみると中々ヘビーじゃない?しかしなぜかそこに後ろめたさは全くない。

それは誰もが当然のように、好きでたまらないパーツがあるからなんだよね。ほら、「赤信号、みんなで渡れば怖くない」みたいな。

でも知りたくない?一般的な女性が支持している男性パーツがどこかって。自分の嗜好がメジャーなのかマイナーなのかって結構気になるところだし。

それに面白半分で、そのフェチにみる心理学観点を一緒に調べてみたら予想以上に面白いことになっちゃった。
 

フェチでわかる女性心理/ついつい見ちゃうパーツには意味がある?
THE王道!
腕を支持する女性は本当に多い。おかげで一番耳にしやすいパーツでもある。

でもそれぞれ好みは「THE・筋肉」というガッシリ派の人、青白くて折れそうなのに浮き出る血管萌えの人…と様々だけどね。

それでも共通点が1つだけあったりして。それは好みの腕があったら「触りたい!」っていう声が多いということ。

特に血管フェチの人は「ぷにぷにしたい!」という欲求が強い。男性は女性のこの願望が本当に謎で仕方ないらしいんだけどね。

でも腕って女性からすると重要パーツだよね。包容力は腕で決まるっていっても過言じゃないんだし。

だから腕フェチの人は、男性に守ってもらいたい/甘えたいって願望が出ているのかも。
 

手・指

手・指
このフェチには大きく2パターンがある。「骨ばったゴツゴツ派」と「スラリとした華奢派」。

ゴツゴツ派の人はそこに男らしさを感じて、華奢派の人はそこに色気や繊細さを見出しているみたい。

でも実は「男性の手指が好き」っていうのはすごいセックスアピールだったって知ってる?特に指は男性の生殖器を示すとまで言われているの。理由は2つ。

1つは指と生殖器が共通のHox遺伝子によってつくられているってこと。

もう1つは男性ホルモンの中でも、天然の媚薬とも言えるテストロテンが多く分泌されている人ほど薬指が長くなるってコト。

そう!男性ホルモンの強弱が手指で知れちゃうんだよ。それを女性はきっと本能で知ってるんだろうね。

そして極めつけにイギリスの心理学者は「女性の手フェチに処女はいない」って断言してる。

もし処女でも手フェチならその子はすごいオナニストだ!…ってここまで言われちゃうと、今後軽々しく「手・指フェチ!」って答えづらくなっちゃったりして?(笑
 

鎖骨

フェチでわかる女性心理/ついつい見ちゃうパーツには意味がある?
無骨で太い首から胸板にいくまでの、アノなめらかな肌と硬そうな骨のバランスにヤラれちゃっている女性が多いみたい。

ちなみにこの中には喉仏がにポイントをもってきている人もいたりして。確かに喉仏も骨だし、女性にはないものだからよりセクシーに見えちゃうのかも。

なんて、これはシチュエーションで考えたほうが断然萌えるよね。

スーツを着た男性がネクタイを外す仕草とか、浴衣から覗く鎖骨とかトキメキMAXじゃない?

ちなみに心理学的にネクタイは男性器を表すものだったりするんだよね。だからこれもれっきとしたセックスアピールだったりして。

まぁ、異性を虜にするフェロモンが耳裏から首周りから出てるって言われてるから思わず鎖骨に目が言っちゃうのも、必然といえば必然なのかもね。
 

背中

フェチでわかる女性心理/ついつい見ちゃうパーツには意味がある?
大きくて広い背中には思わず「抱きつきたい!」という女性が多いのはホントの話。

やはり一番無防備だとされる背中がしっかりしている男性というのは、それだけでカッコイイし頼りがいを感じちゃうってもの。

「男は背中で語る」なんて言葉あるくらいだし、多少肉付きがよくても今まで抱えてきた哀愁にヤラれちゃう人も多いよね。

だから背中フェチの場合は、頼りがいとかその人の中身重視の人が多いのかも。
 

いい男センサーを誰もが持っている

結局のところ、その男性に「触れられたら」「抱きしめられたら」「セックスしたら」…。パーツ1つで勝手に妄想しちゃってるってコトなんだろうね。

そういう意味でも、やっぱり女性はパートナーを「選ぶ立場」なんだなってつくづく実感しちゃったりして。

 

Comment Listこの記事へのコメント

コメントする

*