【男性の性感帯】鳥肌が立つほど感じさせる耳の攻め方

【男性の性感帯】鳥肌が立つほど感じさせる耳愛撫の仕方

セックスアピールに耳攻めは有効

セックスがしたいけど直接「シよ?」とは言いたくないし、できればセックスは彼に押し倒されてしたいじゃない?

そんな時は耳を攻めるべし!耳が性感帯の男性は約9割!(個人調べ)

仮に今、耳を愛撫してもあまり反応のない彼だとしても。感度は磨かれるもの!!ちょっと調教してみるのも手でしょ?

夜のお仕事現役時代に磨いた、とっておきテクニック教えてあげる。
 

耳たぶ

この部分の愛撫の仕方は分かるよね。優しく吸ったり、甘咬みしたりってね。

もし福耳の彼なら、耳たぶを唇で軽く吸いながら前歯で挟んで、更に舌で愛撫してみて?

そしてこの状態で「気持ちいい?」なんてしゃべると、なんとも言えない振動が伝わるみたいでさらにゾワっと感じてくれる人がいる。

お試しあれ。
 

耳の外側(軟骨のある部分)

耳の外側(軟骨のある部分)
まずは「はむっ」て耳の外側、そのてっぺんを唇で優しく挟んで。柔らかい舌でゆっくりと愛撫するの。

それから今度は舌を出して耳たぶ側、下から舐めあげて?このときもできるだけ柔らかい舌でね。

そうやって焦らしながら、時たま歯を当てたりあえて軽く噛んだりして彼の反応を探ってみて?
 

耳の裏

感度の良い性感帯って見えない所にほどあるもの。だから尚更耳の裏を攻めたことがない人がいるならなんてもったいない!!

耳の裏は裏でも、特にオススメなのが耳の付け根。

ここを、下から上にむかって舌を這わせるの。余裕があるならその耳、もしくは反対側の耳から首に流れる筋を指でなぞってみて?たまに爪で軽くひっかきながらね。

コレで喘ぎ声を漏らしてくれる男性は多い。私イチオシの場所だね。
 

耳輪と穴の間

耳輪と穴の間
耳輪と穴の間のシワって、人それぞれあっておもしろいもの。深い溝で堀の深い耳もあれば、のぺっとしたなだらかな耳もある。

その溝を舌でなぞるの。硬くしたり柔らかくしたりしながら、這わせ方にはもちろん強弱をつけてね。

ここは他の場所に比べると、快感の少ない部位。でもだからこそ!彼に「そこじゃないっ」て思わせるための焦らしポイントとして活用するんだよ。
 

耳の穴

ココを攻めるなら、絶対にやっちゃいけない注意点を抑えておく必要がある。それは耳の穴を全て舌で塞いでしまわないこと。

されてみると分かるんだけど、

耳を舌で塞がれると気圧の関係なのかめちゃくちゃ痛い。

感じる感じないの前に思わず「ヤメロよ!」って殴りたくなっちゃうくらいツラいもの。

だから必ず攻めるときは舌を細めて、穴を全部塞ぐことがないようにするのが大前提。

そうしたらあとは簡単。ただゆぅっくりと穴の縁を舌で1周するだけ。

自信があるなら、舌を細めた状態で抜き差しするのもあり。グッと彼の体に力が入るのがわかるよ。
 

息を吹きかける

コレは応用編なんだけど、これらの攻め方をすると必ず唾液で彼の耳は濡れているもの。

だからそこにあえて、口を細めて息をゆっくり吹きかけてあげるの。

焦らせば焦らすほど、気持ちいい愛撫ができていれば。コレだけで彼は鳥肌を立てるくらい感じてくれるよ。
 

ポイントは急がず焦らず、楽しむこと

ポイントは急がず焦らず、楽しむこと
どの攻め方にも共通するのが、どれもゆっくり行うってこと。

だから舌の柔らかさや固さ、歯を当てるタイミングにその強弱etc…の切り替えも出来る限り緩慢にやってね。

スピーディーにやったら意味がない。焦らして、彼のムラムラを最高潮に高めて、感じてもらわなきゃいけないんだから。

因みに私はセックス最中の前戯にもこのテクを使う。フェラをする前にね。耳から攻めて、乳首攻めて、腰、お腹、太もも…そしてフェラみたいな。

この愛撫がうまくできると、フェラが69に変更されることもあったりして…ってコレはまた別記事にでも詳しく書くか。

69っていいよね。うん、そんな記事を書こう(笑
 

耳は一番攻めやすい性感帯

何はともあれ、男性の攻め方がワカラナイ子ほど耳から攻めてみて?

フェラや乳首ってちょっと攻めるのが恥ずかしいじゃない?でも耳なら、舐めたりしている顔を見られることはないし、何より顔が近いから思わず喘いだ声や押し殺した吐息を感じることができるんだよ。そしてその後、

彼からあなたへの耳愛撫が増えたら。あなたの耳愛撫は大成功!
 
男性は気持ちよかった愛撫ほどオウム返しで示してくれるものだからね。

自分の愛撫で彼が感じてくれる。予想以上に楽しいし、嬉しくなれるからやってみて。

 

Comment Listこの記事へのコメント

※お知らせ※
記事リクエストについて⇒『募集ページ

コメントする

*