彼氏にフェラをすると必ず萎える!?でも何かしてあげたい…そんな時の対処法

彼氏にフェラをすると必ず萎える!?でも何かしてあげたい…そんな時の対処法

悩める乙女

男性が女性を感じさせたい!と思うのと同じくらい、女性も男性に感じてもらいたいもの。

・自分のカラダで満足して欲しい
・いつまでも求めてもらえる彼女でいたい
・愛してもらってばかりじゃいけない
・私もちゃんと彼を気持ちよくしてあげたい

男性と比べると、動機がちょっと受け身より。でも仕方ないじゃんね。

女は愛されてこそ。愛してくれないオトコに尽くすなんてありえない!むしろそれ、都合のイイ女扱いされるから絶対しちゃダメ。

なんて、この問題の本当の難点は彼から愛されていれば愛されているほど罪悪感が大きくなるってコト。

もちろん、すでに彼の性感帯なりイイトコロや燃えるセックスパターンを持っている人たちは別。

持っていない人たちの悩みたるや…。ね、悩むよねー。

愛しているからこそ「何かしたい」

ゆぅいさんからこんなリクエストがあったんだよね。

彼にフェラなどしてあげたいのですがフェラすると勃起出来ないんです。しかし私の身体を弄りだすとすぐに勃起出来るんです
 
何度か勃起した状態でフェラをするんですが全然だめでした。
 
昔からそうらしいのですが私からもなにかしてあげたいのですが何か良い方法ありませんか?

ゴメン!全文晒した…。だって、すごく想いの込められたコメントだったから下手に切れなかったんだ。

というか、実は同じような悩みを抱えている子って多いんだよ!実際、「私のフェラの仕方が悪いのかな」って凹んでいる子が身近にいたし。

でもだからって、「何もしない」なんてできないよね。

大丈夫、打開策はある!むしろこの悩みを見た時、すっごい色んな案が頭をよぎったんだよね。アレもある、コレもある、ソレもあった…みたいな。

だからちょっと今回、まとめるのが大変だった;どうかまとめた案の中に1つでも役立つものがありますようにっ!

※注:すでにフェラテクニック記事『彼氏を虜にする気持ちいいフェラをするためのポイント5つ』がある上でのリクエストなのであえてここではフェラテクには触れないよ!

真性Sの可能性あり!それなら「シックスナイン」

真性Sの可能性あり!それなら「シックスナイン」
ゆぅいさんの彼のように、カラダを触っているときは勃起していて、自分が奉仕されていると萎えるってコトは正真正銘のSの可能性があるよね。

Sってさ、肉食系でオラオラプレイが好きな人ってイメージがあると思うんだよね。でも実はSにも色んなタイプがあるもの。その1つに

「Mの欲求を汲んで満足させるのが好き 主導権を持つ奉仕行為を好む」

っていうタイプがある。だから、フェラという主導権を握られた奉仕行動をされると萎えちゃう…なんて人もいるんだよね。

―ほんと、世界は広い。ってことで、この場合はシックスナインなんてどうかしら?

彼はあなたのカラダが触れる、あなたはフェラができる!

しかも真性Sな彼なら、彼の愛撫に耐えながらフェラするあなたの姿に興奮するはず。よってくわえたペニスが萎える心配もないよ。

ただ、あなたが早々にフェラどころじゃなくなっちゃうかも。っていう可能性は無視した案だよね(笑

ペニスだけで感じようとしてるのかも。五感を刺激してあげて!

女性が雰囲気で濡れるのなら、男性は視覚や聴覚で濡れるもの。思いっきり煽ってみたら?

*あえてフェラしている顔を見せつけてみる
*フェラしながら睾丸や乳首など、他の性感帯を一緒に攻める
*ペニスの出し入れの時の音をわざと大きめに出してみる
*フェラしながらひとりエッチしてみる

とか。恥ずかしくてできるかぁ!って思うかもだけど。フェラしながらのひとりエッチとか、効果テキメンよ?(笑

なんて、その前にフェラで萎える彼氏持ちの方々。あなたがフェラをしている時、彼の視線がどこにあるかを確認したことある?

もしかして天井とか、壁とか、あなた以外のモノを見てない?まさか目をつぶって死んだりしてないよね…?

それじゃ、萎えて当然かも!!だって、フェラだけに集中されたらプロ並みのフェラテクがない限り無理だもん。ってことで、この場合は目を開けてもらって視覚や聴覚で攻めるべし。

なんて、勇気が出ないならまずはフェラしている時に髪をなでてもらうようにお願いしてみるといいかもね。

自己流オナニーに慣れちゃったのかも。ペニス以外の性感帯を攻めろ!

自己流オナニーに慣れちゃったのかも。ペニス以外の性感帯を攻めろ!
私がひとりエッチの記事を書く度に、注意喚起しているのが自己流の強いオナニー。なぜなら変なクセがついちゃうから。

ってコレ、今や女性だけじゃなくて男性も自己流オナニーのせいでイケなくなったって人が増えてきてるんだよね。おもちゃの強い刺激に慣れちゃった、とか特殊な触り方をしないと感じなくなった…とかね。

だからもしその自覚がある彼なら、フェラだけじゃイケないことを知ってるから萎えちゃうのかも。

ってことで、この場合はもうフェラは諦めるべし!ゆぅいさんの場合、どうも絶対フェラでどうにかしてあげたいってわけでもなさそうだしね。

だから他の性感帯を攻めて勃起させてあげようよ。オススメは耳攻め。まぁ、ただ私が耳を攻めるのが好きなだけなんだけど。

でも胸を攻められている時に、耳攻めで応戦するのは本当に効果的なんだから!噛み殺した喘ぎ声が彼の耳に直接響くんだもん。胸の愛撫が激しくなったりして…イイよ!(笑

興味がある人はこんな過去記事もあるから、チェックしてみて?
【男性の性感帯】鳥肌が立つほど感じさせる耳の攻め方

潔癖症、女性はフェラが嫌いっていう固定概念があるのかも

あと挙げておくべきなのは精神的なものかなぁ。潔癖症、もしくは「女性=フェラ嫌い」っていう考えがあるのかも。

前者はその度合こそ様々だけど「自分のものをくわえた、自分の味がしそうなキス」がイヤ!ってやつ。
 
後者は罪悪感が勝っちゃう場合だね。好きな子に嫌なことをしてほしくない…みたいな。

この場合はもう手コキでイッてもらえばいいんじゃない?
(過去記事『フェラが苦手な人こそ覚えておくべき手コキ術6選』)

そしてもし彼が罪悪感によるフェラ嫌いなら、その考えを壊してやろう!

*自分からフェラがしたいっておねだりするようにする
*フェラしている時に微笑んであげる
*大きくなったら「嬉しい」って言葉で伝える

愛しい人へのフェラなら喜んでやるんだから!ってコトを理解してもらわなきゃね。

心の壁を溶かして、リラックスしてもらうこと

心の壁を溶かして、リラックスしてもらうこと
なんて、色々書いてきたけど結局のところ。フェラに対して何らかのトラウマがある可能性も高かったりする。

だから無理にするのはよくないよね。トラウマはそう簡単になくなるものじゃない。じょじょに、ゆっくりと溶かしていくべきもの。彼を気持よくしたい!って、別にフェラじゃなくても気持よくしてあげられるんだし。

だから今回の最大のポイントは、あなたが彼を気持ちよくしたい!と思っていることをあの手この手で伝えるコトかな。例えば

どこを触ると気持ちいいかを聞いたり、彼が吐息を吐いたら「気持ちいい?」って嬉しそうに聞いたり、彼のカラダを愛情込めて愛撫したり…ね。

そうすれば、仮にトラウマを持っていたとしても自然と彼のカラダが開いて感じやすくなってくれるもの。トラウマがなかったとしても、彼は愛で満たされる。

だから信頼関係や絆も深まって、今よりもっとラブラブにもなれちゃったりして。

そうすれば、自ずと彼から「どんな風に触れて欲しい」っておねだりをしてもらえるようになるよ。

「彼を気持よくしたい」

その想いで今回のリクエストをくれたゆぅいさんも、この記事を最後まで読んでくれたあなたも素敵。その想いがあれば、大丈夫。頑張って。

ゆぅいさん、ちゃんと答えになっているかな。参考になるものが1つでもあればいいな。

Comment Listこの記事へのコメント

  • ゆぅい

    いろいろと考えてもらいありがとうございます。

    彼は真性のSなのは間違いないんです。

    なので色々と試して(耳攻め、その他性感帯、シックスナインなどなど)全てお手上げで、元々オナニーですら逝けないそうです。

    今までフェラされたことすら無かったのといつも私を潮吹きにしろ逝かせてもらってるばかりなのでなにかしてあげたかったのですが、彼に話したらそれなら好きなだけ弄らせてくれと言われたのでそれで納得しとこうかなぁっと思います。

    ほんとに色々考えてくださいありがとうございました。

    更新を楽しみにまってます

    • まりあ

      ゆぅいさん
      なるほど!そういうことでしたか…お役には立てなかったようで申し訳ない;

      でもそういうことなら、思いっきり彼とのセックスに集中してあげることが何よりの「してあげられること」になるんじゃないかな?あとは喘ぎ声も単調にならないように工夫してみたりね。(喘ぎ声だって立派な彼を煽る1つの手段だからね)

      もしくは「もっと触りたい」と思ってもらえるようなカラダ作り(スキンケアなり、体型維持なり)をすることだね。

      「いつまでも抱きたい(感じさせたい)と思わせるオンナでいるコト」が彼にとってはフェラよりも嬉しいコトなんじゃないかな…なんて、ココで補足してゴメン;

      そしてこのコメント、非表示希望の場合はご一報ください…イツモカッテニゴメンナサイorn

※お知らせ※
記事リクエストについて⇒『募集ページ

コメントする

*