今よりもっと感じる1人えっちをするための厳選オナニースタイル

今よりもっと感じる1人えっちをするための厳選オナニースタイル

セルフ開発♡

人に覗かれたくない女の密かな楽しみ、ひとりエッチ。でもそろそろワンパターンでマンネリ化してきてない?

人に話したりしないからこそ、情報が少なくてオリジナル化しがち。今よりちょっと違う自分に出会いたい、もっと感じる自分になりたいって人は手っ取り早くその体勢を変えてみない?
 

あなたはどのタイプ?

体勢と言ってもそんなに種類があるの?って感じだよね。女性がよく「イク」体位は大きく分けて3タイプあると言われている。

①仰向け型 … 王道スタイル。最も安定しているため、動きやすく快感に没頭しやすい

②うつ伏せ型 … 腰を前後に動かしやすく、何よりアソコ全体を圧迫できるメリットがある

③座り型 … 姿勢を工夫するだけで、仰向けやうつ伏せでは味わえない性感を見つけることができる

これくらいなら何となく想像つくよね。ってことで今回はここからもう一歩踏み込んだスタイルをそれぞれ2つずつ紹介してみる。
 

①仰向け型

今よりもっと感じる1人えっちをするための厳選オナニースタイル

*脚絡めスタイル
左右の足首を絡めて、太ももをぴったりと閉じてする体勢のこと。キュッと両足に力を入れることで、クリトリスを圧迫愛撫することができちゃう。

指はちょっと動かしづらくなるけど、多少力んでいたほうがイキやすかったりもするじゃない?

*膝立てスタイル
肩幅程度に脚を開いて、そのまま膝を立ててする体勢のこと。胸とかクリとか、ゆっくり愛撫がしやすい。

体制的にもリラックスしやすいから、新しい性感帯を見つけたい時とかには絶対オススメなスタイルだよね。

 

②うつ伏せ型

*いも虫スタイル
脚をピンと伸ばしたまま、両手をアソコに持っていって集中的に愛撫する体勢のこと。腰を動かしながら、クリを圧迫愛撫できちゃう。

呼吸がしづらいのが難点だけど、でもちょっと息苦しいほうが盛り上がるときもあるよね。

*抱え込みスタイル
枕や布団などを抱きかかえて、それらに脚を絡めてする体勢のこと。机の角とか、角オナって言われるひとりエッチが好きな人には特にオススメ。

ただの圧迫愛撫じゃなく、押し付けてこすりつけての動作ができるからイきやすいんだよ。

 

③座り型

今よりもっと感じる1人えっちをするための厳選オナニースタイル

*あひる座りスタイル
男性の間では「女子力全開座り」とまで言われている、正座から両足を外にはずした「ぺたん座り」でする体勢のこと。言ってしまえば、騎乗位の男性がいないバージョンだよね。

だからディルドを使うとか、腰振りを練習する時にオススメなスタイルだね。

*壁もたれスタイル
肩を壁にもたれかかるようにして座って、脚は「M字開脚」ORそのまま伸ばした状態でする体勢のこと。

膝立てスタイルに近い、安定感がある。でもポイントは自分のアソコを見ながらできちゃうってとこ。

自分のどこをどう触るとイイのか、きちんと知っておいて損はないじゃない?

 

女は頭でイケる生き物

女性は男性と違って「頭でイける」生き物。だからこそ、オナニーも体勢を変えただけで感度があがったりするもの。

感度は磨き方次第でどこまでも開発できる。同時に女性ホルモンの活性化も図れてキレイになれる優れもの。

「男が離れていかない女」になりたい人ほどオナニーの充実度は大切だよ。

 

Comment Listこの記事へのコメント

コメントする

*