セックスでの「恥ずかしい」には年齢制限がある!?

セックスでの「恥ずかしい」には年齢制限がある!?

女性の羞恥心でオトコは萎える!?

一般的な「女性らしさ」の中に「恥じらい」は当然ランクインしているもの。恥じらいのない女性ほど下品でお近づきになりたくないものはないよね。

でもそれはあくまで一般的、日常生活での話。ナイトライフの上ではちょっと違うみたい。

オトコの本音の中に「恥ずかしがる女性」に萎えたって声があるんだよね。
 

年齢と経験を踏まえたセックスがしたい?

「電気を消してっていうお願いは可愛いけど、真っ暗じゃないとイヤってのは萎える」
「最初こそ羞恥に染まる彼女を見て興奮するけど、回数を重ねてもそのままってのは。ねぇ…」
「服を脱がせるのに時間がかかったとき、いくら恥ずかしいって言っても限度があるだろ」etc

オトコの本音って文字にすると攻撃力が増すよね。

でもどれも男性に同情しちゃう。だってもう彼とセックスするって雰囲気になったのなら、女性もある程度は腹をくくるべきだからね。

そして調べている内にこんな声も結構あったりして。

「処女じゃない限り、ノリノリでセックスしくれたほうが断然いい」
「マグロとまでは言わないけど、30過ぎで全く自分からアクションを起こさなかった彼女には正直引いた」
「ある程度年齢いってるくせに純情ぶられると計算か?って変な気持ちになる」etc

どうやらある程度年齢を重ねちゃうと、それだけで男性としては「経験も人並みにあるはず」って思うんだって。

特に経験豊富な男性ほど、この傾向が強い。

むしろ何かの拍子にいきなりスイッチが入って、大胆な変態っぷりをみせつけられたほうが

「次もセックスがしたい」
「こんなこともしてくれるのかな」

って彼女の虜になるとまで言う人もいたりして。
 

男は誰しもセックス研究家

男は誰しもセックス研究家
女性が羞恥に染まれば染まるほど燃えるって男ももちろんいる。でも大多数の男は「恥じらい」の度が過ぎたり、いつまでも恥ずかしがっていると「面倒くさい女」のラベルを貼らざるえなくなってしまうんだとか。

総合してみても、好きな人の前だからこそみせる一面として「エロい女」があっていいと思うんだよね。

でも勘違いされたらイヤだから「こんなに乱れるのはキミの前だけだよ」なんて言葉を囁いてみるのも手。

男性はなんにしても受け入れてもらえることで安心感だったり、喜びを感じるもの。

だからこそ彼と互いにどうしたら気持ちよくなれるのか、彼の性癖も受け入れて“愛あるセックス”を楽しむ余裕ある女こそがイイんだってこと。

歳を重ねることで育てるべきは恥じらいじゃなくて、器のでかさなんじゃないかってね。
 

それでも恥ずかしいなら

どうしても羞恥心を隠し切れない、耐えられないのならむしろ武器にしちゃおう!

恥ずかしがったっていい!その代わり絶対に彼を否定したり拒否するような言動だけはしてはダメ。

男性は視覚的刺激に弱いもの。だから恥ずかしがるなら、その仕草をテクの1つとして習得すればいいんだよ。といっても、

ただ恥ずかしくてとる行動と、テクニックとしての恥じらい方の区別が付かないから困ってるの!(;へ;)

そんな人はAV女優さんを先生にすればいいよ。彼女たちは画面を通して男性を興奮させるのがお仕事。

だから男が好きな「恥じらい方」をテクとして持ってる。コレを参考にしない手はないでしょ?

ただ注意すべきは女優さんたちはときたま過剰気味に演技してるときがあるから、そこらへんの加減は気をつけてね?

男ってそこらへんの観察眼だけはムダに鋭かったりするから、変な誤解が生まれない程度に頑張って。

 

Comment Listこの記事へのコメント

※お知らせ※
記事リクエストについて⇒『募集ページ

コメントする

*