カップルの寝相で診断!深層心理をのぞいちゃおう

カップルの寝相で診断!深層心理をのぞいちゃおう

睡眠中だから現れる深層心理

大の字で寝る人は開放的だとか、丸まっている人は甘えん坊が多いとか。寝相で現在の心理状態を知ることができるっていうのは有名な話。

それならカップルで、2人で一緒に寝たときの寝相にだって深層心理が出たっておかしくないよね?

2人の関係性がここから読み取ることができちゃうんだよ。
 

・背中合わせ

・背中合わせ
実際、この状況で目覚めると寂しい気がしてしまう「背中合わせ」。でもこれは喜んでいい結果なんだよ。

例えが極端かもしれないけど、要は戦場において背中をあずけられる人ってことみたい。

でも確かに睡眠中は一番無防備な時間。それを無意識にあずけてもらえるって、純粋に嬉しいよね。
 

・向かい合わせ

目が覚めて、最初に恋人の顔がある…って幸せだよね。でもコレって緊張感が抜け切れていない状態だったりする。

緊張感と言っても、悪いものじゃなくて

もっと話したい。理解しあいたいって思っている状態でもあるんだって。

記憶を辿ってみても確かに。付き合いだして間もない頃は向かい合わせが多いかも?そして慣れだした頃、目が覚めて彼の背中が見えてちょっと落ち込む…。

なんて経験したことがある人はきっと私だけじゃないはず!
 

・2人とも仰向け

・2人とも仰向け
カップルのあり方として一番の理想型かもしれない、互いが自立しあっている関係を指す。要は束縛しないし、依存もしていない。対等な状態なんだよ。

イメージとしては、趣味に仕事にと恋愛以外でも充実しあえているカップルのことなんだろうね。
 

・2人とも横向き

恋人を1人が後ろから抱きかかえるタイプの寝方。これは抱く側が男性か女性かで、ちょと意味合いが変わってくる。

男性が抱える側であれば、それは「彼女は俺が守る!」という想いの表れ。

女性が抱える側であれば、それは母性が強い証拠。

もしくは彼より立場が強い関係性であることを指している。
 

・手足を絡める

・手足を絡める
深層心理的にはこの寝方が断トツ!2人の関係性は、ラブラブで愛情深いものであることを指している。

要は「愛してる」のサインなんだよ。別にこれは朝起きた時に限らず、寝る前の行為でも同じ意味を持っている。

彼が無意識であればあるほど、嬉しさが隠し切れないサインだね。
 

一緒に寝るということ

実は生物学的には男女は一緒に寝ないほうがいいって言われている。

なぜなら睡眠の質が男女で違うから、「しっかり寝た!」ってことにならないんだって。だから別々のベッドで寝るのが一番らしい。

…なんて、離婚率でみると別々に寝ている夫婦のほうが断トツで高い結果が出ているんだけどね。

何とも不思議な話。

愛情は睡眠の質をも凌駕するってことなのかな?そうだとしたら、何だか胸が温かくなるものだね。

 

Comment Listこの記事へのコメント

コメントする

*