興味があるけどナニか怖い女性用媚薬の基礎知識

興味があるけどナニか怖い女性用媚薬の基礎知識

気になる女性用媚薬

媚薬と聞くだけで何だかムラムラきちゃう、強制的な快感が得られるって点でちょっとした背徳感すら感じる秘密のおクスリ。

本来は不感症や性欲欠乏治療のための効果が備わっている薬剤の総称を媚薬という。言わば濡れにくい人のための秘密兵器ってことだね。

でも別に不感症とかじゃなくても、イキにくい人が使うとイキやすくなったり、いつもより大胆になれたりするって言うから試してみたい…なんて人、多いでしょ。

だけど大人のおもちゃと一緒で、気軽に手が出せるものじゃない。新しい扉を開くように、直接カラダに影響のあるものだからこそ色々不安もあるものだよね。

ってことで今回は媚薬に対してのHOW TO講座。まずは正しい知識を仕入れなきゃね。

媚薬の効果は?本当に乱れるの?

媚薬の効果は?本当に乱れるの?
まずこれを語る上で、最初に忠告しておきたいのが「AVみたいにワケもわからなくなるくらい乱れるものだ」って考えは捨てて欲しいってこと。

アレはあくまで作品上の演出。あそこまで一般的な媚薬で乱れるなんてありえない。本当にあそこまで乱れているんだとしたら何かしらのドラッグが入っている可能性が高い。

え、じゃぁ媚薬ってどんな効果があるの?って思うでしょ。一般的には下記のような効能がある。

・心臓がドキドキする
・陰部が熱くなって濡れてくる
・体温が上昇する
・汗ばんでくる

こんな感じ。…なんか色んな口コミや体験談とは違う、なんてギャップを感じている人もいるでしょうね。事実、上記のような効果以上のものを得られている人も多い。なぜなら2つの理由がある。

1つ目は媚薬が漢字の通り、医薬品だから。風邪薬と同じように、効き目や副作用が個人によって大きく異なるのだ。

2つ目はプラシーボ効果ってやつ。コレは言ってしまえば「信じるものは救われる」ってこと。コレを塗ったらこうなる!そんな思い込みの力ってやつらしい。

思い込みでより濃厚なエッチができるなんて、最高じゃない。疑心暗鬼で臨んでもツマラナイしね。

国産と外国産ならどっちを選ぶべき?

外国産の媚薬って何か怖いよね。それもそのはず、日本では薬事法っていう世界でも厳しい規制がある。

だから外国産のモノには日本では認可されていない薬が使われていることが多々。そういう意味でも恐怖心が拭えないなら断然国産を選んだほうがいいね。

ただし、成分が弱く効き目が悪いって批判されがちなのも事実。ってことでやっぱり効き目重視っていうんなら外国産でも大丈夫。

医療の現場でも、性欲欠乏症等に実際使われる薬は外国産のものが多いみたいだし。

結局はあなたの望む効果効能のものを選べばいいんだよ。

副作用ってあるの?

副作用ってあるの?
媚薬の効果は?でも言ったけど、媚薬は医薬品。風邪薬のようなものだから、もちろんカラダに害はないけどゼロではないってね。

だからきちんと使うときは付属の説明書を読まなきゃダメ。って言っても恐怖心のほうが強そうだから一応一般的な副作用を書き出してみる。

・体重低下
・神経過敏
・頭痛
・関節痛
・食欲減退
・かゆみ

こんな感じ。でもこれらは用法容量を守らなかった場合の症状だね。国産も外国産も関係ない。どの薬も結局きちんと限度を考えて使えよって話。当たり前だね。

基礎知識はこんなもんかな。ということで、近いうちに厳選したオススメ商品を紹介してみる。やっぱり始めて使うなら尚更、失敗したくないでしょ?

ということで、一番手が出しやすくて即効性も高い「塗るタイプ」の媚薬をピックアップする予定。セックスライフは冒険してなんぼでしょ?

Comment Listこの記事へのコメント

※お知らせ※
記事リクエストについて⇒『募集ページ

コメントする

*