彼氏を虜にする気持ちいいフェラをするためのポイント5つ

彼氏を虜にする気持ちいいフェラをするためのポイント5つ

もっと感じて欲しい!

フェラチオの仕方に自信がなくても、誰かに相談できるものじゃない。

でも彼にはもっともっっと感じて欲しいし喜んでもらいたい!そんな想いを持て余している女子は多いよね。

それに結局のところ、男性の恋愛感情ってカラダと直結してる。セックスが「気持ちいい」彼女とはどうしたって別れきれないのがオトコ。

そんな彼氏が『離したくない女』になるためにも、フェラテクニックは外せない。

思わず彼も喘いじゃう、とっておきのポイント5つを教えてあげる。
 

1、はじめは愛情たっぷりのキスから。乾かさないように注意して!

最初からぱくっとくわえるのはNG。彼のペニスを優しく握って、全体に愛情たっぷりのキスをして?

このとき髪をかきあげたり、上目遣いで彼を見つめたりしてみて。むしろ恥じらいながらするとGood。男性は視覚でも性的興奮を感じる生き物だからね。

全体にキスしたら、今度は下から上に優しく舐めて全体を唾液で濡らしていって?男性器の表面が乾いた状態で、指や唇がひっかかると彼は痛みを感じるもの。

『常に湿らせておく・ぬるぬるにしておく』コレだけでも彼は気持ちいいんだから。
 

2、反応を見ながらゆっくりとピストンしてみる


準備ができたらいざフェラチオ。でもココでAVみたいに派手な音を立てたり、思いっきり吸ったりしなきゃって思っているなら改めて?

「わざとらしくされすぎるのはちょっと…」って思っている男性は意外に多いもの。

全体を舐めまわして、濡らしたら口にふくんでゆっ…くりと上下に頭を動かすだけでもOK。吸う・しゃぶるというよりも、『包み込んで動かす』ことがポイント。

唾液は多めに、むしろじゅぶじゅぶ音がなるくらいで◎。彼の反応を見ながらやってみて。
 

3、『彼が感じるところ』を知っておこう

彼のイイトコロ、把握出来てる?知らないなら、抑えておくべき男性の感じるポイントとそれぞれの攻め方をまとめてみた。

亀頭全体
非常にデリケートな部分。歯は絶対に当てちゃダメ。全体を口に含んだり、濡らした唇をこすりつけるようにして攻める場所。
 
くわえたまま円を描くように舐めると、彼から押し殺した喘ぎ声が聞こえてくるよ。

カリ・尿道口
尿道口はグリグリしすぎに注意して。舌を尖らせてそっと舐めてあげて?
 
カリは特に感じやすい部分。攻め方としてはカリのまわりをなぞるように舌を這わせたり、くわえて唇をひっかけるようにして愛撫をしてあげて。

裏すじ
勃起した状態であなた側を向いた面が裏。その中心部分に、膨らんだすじのようなものこそが裏すじ。
 
下から上へ舐めあげたり、くわえた時にこの裏すじに舌を当てるようにして動くのがポイント。

でも結局、彼にどこをどうされると気持いいかを聞くのがベスト。

前戯中の会話は雰囲気も互いの絆も深めてくれる欠かせないものなのだから、勇気を出して聞いてみて。
 

4、疲れた時にこそ手を使って快感を高めて


ずっと口でし続けるって、結構キツイもの。顎は痛くなるし、口が乾いてきちゃったり…。そんな時は手を使ってみて?

ただし、彼のペニスを乾いた状態にはしないように気をつけて。

唾液と一緒に、軽く握ってスライドしてみたり、亀頭を手のひらで包み込むように撫で回すのがベスト。

亀頭を舐めながら手で竿部分を刺激するのも手!むしろコレに弱い男性は多い。オススメだね。

手の動きについては「フェラが苦手な人こそ覚えておくべき手コキ術6選」を読んでおくとバリエーションが出てもっと良くなるかも。
 

5、フェラチオだけじゃない!他のところも攻めるべし

彼への愛撫、もしかしてフェラチオだけになってない?男性の性感帯はペニスだけじゃない!

陰のう(睾丸・タマ)だって立派な性感帯。キャンディみたいに舐めたり、優しく口にふくんだりしながらマッサージをしてみて?

他にも首筋や乳首、内ももだって女性と同じで感じる男性は多い。ツーっと指でなぞったり、キスしたりしながら反応を探って彼の性感帯を探してみてね。
 

技術じゃなくて愛があればこそ


ポイントとしてまとめてみたけど、コレはあくまで「男性」が感じるやり方。

だから必ずしもあなたの彼に当てはまるわけじゃない。彼をもっと感じさせたい、喜ばせたいならコミュニケーションが必須。

そしてそのコミュニケーションから、彼のリクエストをたくさん聞き出せるかどうかはあなたの愛情次第。

「気持ちよくなってもらいたい!」って想いが彼に届くかどうかが鍵。がんばって。

 
【追記】
もっと詳しいフェラテクニックやポイントが知りたいって人は下記記事もチェックするといいかも
⇒『彼氏にフェラでイッて欲しい!イケないフェラと気持ちいいフェラのポイントまとめ
 

 

Comment Listこの記事へのコメント

※お知らせ※
記事リクエストについて⇒『募集ページ

コメントする

*