彼氏とキスしたい!男性が喜んでキスしたくなる方法3つ

リクエストをいただきました!

先日、架南さんという方から私宛のメッセージが届きまして。なんと記事リクエストを頂きました!

常にネタ切れの私にとってまさに救世主。というよりも、純粋に私に相談してきてくれたことが堪らなく嬉しかったよね。

これは精一杯応えなきゃ罰が当たるってもんでしょ。張り切って書くぞ!

キスしたい!だけど私からじゃなくて…


メッセージには、幸せな恋をしているからこその悩みがあった。

自分自身でも、したい!キスしたくなる衝動にかけられます。
ですが、彼の方から、してもらうにはどうすればいいのかと。。

というもの。(勝手に転載ごめんなさい;

いじらしいよね。可愛いよね!こんな彼女、私が欲しい(笑

バックグランドがイマイチわからないから勝手な解釈になっちゃうけど、恐らく「キスして?」って直接言わなくても彼からキスしてもらうためにはどうしたらいい?ってことだと思うんだよね。

さぁ、どうしましょうか。
 

彼の目を見つめて愛を囁いて?

人間関係を構築する上で「視線」は重要なもの。何でもない人相手でも、3秒以上視線が合うとドキッとしちゃうでしょ?

だからまずは彼とすぐにキスができるくらい近くに擦り寄って、ジーっと彼の目を見つめて?

気づいてくれないようなら「じーっ」って口にしちゃえ。

そうして彼と目があったら。
 
満面の笑みで「好き」って愛を囁いて。
 
それで彼が照れて目をそらすようであれば「照れてるー」って言いながら彼の唇を人差し指とかで触るの。

照れ隠しで彼からキスしてくれるはずだよ。…キスじゃなくて強めのハグが返ってきたらごめんなさい(笑
 

無防備な姿で彼を誘って?

彼氏とキスしたい!男性が思わず喜んでキスしたくなる方法3つ
警戒心ゼロの女性からは独特の色気が出ているもの。よく言うでしょ?隙のある女のコほどモテるって。

それが彼女ならたまらないよね。でもただ無防備でいるだけじゃダメ!彼だってそれだけじゃアクションを起こしにくいもの。

だから思いっきりあなたがリラックスしている時、本を読んだり、ベッドで寝転がっている時にやってみて欲しい。

よりベストなのは彼がちょっと自分と離れた所にいる時!

その状態で、離れた彼に向けて両腕を広げるの。そして目線があったら。
 
「ぎゅーっ?」ってハグをおねだりするの。

あとはもう。彼の性格次第だね。
優しいハグとキスがふってくるか、激しいハグとキスが返ってくるか。楽しみじゃない。
 

おねだりパターンを決めてみて?

コレはちょっと長期戦パターン。だけど上の2つよりも確実な方法。「キスして欲しい」ってことを伝えるパターンを彼に摺りこむの。例えば、

お家デート中なら彼に思いっきりカラダを預けて甘えるの。王道かもしれないけど「にゃぁ」とかって言いながらね。
 
そうして、彼と目があったら一言。「かまって?」「キスして?」っておねだりするの。

これを日を分けて数回繰り返せば!彼の中で『彼女が甘えてくる=キスして欲しいんだ』って方程式のできあがり。

言葉にしなくても「なに、キスして欲しいの?」って察してくれるようになるよ。
 

彼とのキスが好きってコトを理解してもらうこと


とりあえず3つピックアップしてみた。だけど彼氏からキスさせる方法って本当に沢山あるんだよね。

それこそ男性の数だけ存在しているといっても過言じゃないくらい。

でもココで忘れちゃいけないのが、あなたが「彼とのキスが好きなんだ」ってことを理解してもらっておくこと。

男性ってどうしたって「チキン」な生き物。いつだって自信がないんだよ。それが好きな女性相手なら尚更ね。

だからオススメなのは、彼とのキスをした後に「幸せ」とか「〇〇(彼の名前)とのキス、気持ちいい」って一言添えて?
 
もちろん毎回言葉にはできないものだから、必ずキスの後はふにゃっとした無防備な笑顔をするように心がけて?

すると彼の中で自然と「自分からキスをする」ことのハードルが下がる。

そして何より好きな人の無防備な笑顔ってすごい癒し効果を持っている。だから「キス=癒やし」の方程式も一緒につくることができれば。

彼がストレスや不安を抱えている時も、キスしてくれるようになるよ。

…架南さん、こんな感じでよかったかな?(不安w

 

Comment Listこの記事へのコメント

  • 架南

    取り上げてもらっていただけるなんて
    思ってもいなかったです!嬉し過ぎます!
    記事の内容が、いつも読みやすくて、
    毎回よんじゃいますっ!!
    これからも、頑張ってください!!

  • 亜香里

    私の場合、まだ彼氏にはなってないんですけど、この先この文を参考に、
    頑張っていきたいです。

※お知らせ※
記事リクエストについて⇒『募集ページ

コメントする

*