彼の「狼スイッチ」をONにするキステクニック

彼の「狼スイッチ」をONにするキステクニック

eat me♡

彼ともっとセックスがしたい。だけどそれを直接口にはできなくて…。そんなお悩み女子がいるなら。

キスで誘ってみようよ。言葉にできないのなら、雰囲気と態度で示そうってね。

彼の理性を焼ききっちゃうような、次から思わず期待されちゃうようなとろけるキス。

その気のないライトキスからでも、このキステクさえあれば眠っている狼も喜んで起きてくるよ。
 

step0:リラックスして全身を柔らかく

何事も順序が大事…というよりも恥ずかしがり屋な人ほどソフトテクニックから入りたいものでしょ。ムードづくりも「焦りは禁物」っていうしね。

だからこそ、まずは下準備。彼を煽って、とろけるようなキスをするために。

何はともあれ、まずはリラックスすること。

強張ったり、緊張していたりしたら彼にも伝染してしまうもの。だから唇も舌も硬くしないコト。柔らかく、ソフトにね。

「ふにっ」と感こそ武器なんだから。
 

step1:リップ音を出す

step1:リップ音を出す
準備ができたらいざ本番。まずはキスをしている時のリップ音から。

互いの唇と唇を重ねたり離れたりした時に、音が鳴るようにするの。「ちゅっ…ちゅっ」ってね。

そしてこの時、余裕を持って焦らすように鳴らすのがポイント。それこそじゃれあいながら、笑いあいながらでもできたら最高だよね。
 

step2:吐息をはく

リップ音を響かせながら、徐々にキスが深くなってきたら。キスの合間に吐息を漏らすの。

男性はこれでスイッチが入る人も多いもの。なぜなら吐息を漏らすというのは、女性がキスに酔っている証拠だから。

余裕がなくなってきたら鼻呼吸なんてムリ。だから口呼吸…って塞がれているから思わず吐息が漏れちゃうってコト。

だから吐息をはくのも、彼を煽る立派なキステクの1つなんだよ。
 

step3:歯茎や歯の付け根を攻める

step3:歯茎や歯の付け根を攻める
彼もリラックスして、むしろ狼スイッチが入り始めたら。彼の歯茎や歯の付け根をゆぅっくり舌でなぞってみて?

私の統計では、特に歯の裏側の歯茎が弱い人が多い。やっぱり普段刺激されない部分だからかな?

とにかく触ってみて?舌は柔らかいままでもいいし、ちょっと硬くして触れてもいいし。そこは臨機応変にしながらね。

彼のスイッチがコレで完璧に入っちゃうことも多いもの。
 

step4:手足も動かして

2人でキスに酔いしれるのももちろん有り。だけどそれだとちょっと勿体無い。彼がキスに集中していればしているほど、手足も使わなきゃ。

脇腹だったり、背中だったり、太ももだったり。フェザータッチで撫でてみて?

それでもし彼から吐息が漏れたら大成功。普段触っても何でもない人でも反応してくれるコトもあるから面白いよ。

ちなみにカラダの力を抜きながら、彼の肩口の服を強く握りしめるのもオススメ。

「私、もう余裕ないよ…」っていう体現になるから。ある程度セックス経験を積んでいる人だったり、Sっ気のある人ほど狼に変身してくれちゃう仕草なんだよね。
 

カラダ全体で彼を煽らなきゃ

カラダ全体で彼を煽らなきゃ
他にも頬とか耳とか、首元にキスするのも有り。このときはあえて、ちょっと歯を当てるようにしてやると◎

そしてその時、彼の顔を覗き込めるくらいの余裕があればベスト!男性心理として、相手の余裕を奪いたいっていう征服欲が増すんだよ。だからそのままベッドに押し倒されて、美味しく食べてもらえちゃうんだよね。

男性は五感をフルに使って性欲を満たそうとする。おかげで「狼スイッチ」は全身にあるもの。

…コレを使わない手はないでしょ?キスで目覚めるのは何も、お姫様だけじゃないんだよ。

 

Comment Listこの記事へのコメント

※お知らせ※
記事リクエストについて⇒『募集ページ

コメントする

*