キスマークをつける男性心理とは?その関係性や場所で意味は変化する

キスマークをつける男性心理とは?その関係性や場所で意味は変化する

甘く痺れるキスマーク

彼といちゃいちゃしている最中に「チュッ」と強めに響くリップ音。思わずゾクッとしちゃうよね。

でもそれも熱が収まって、冷静になった時。隠せない場所についていたり、その数に驚いたことはない?

もしくはそれが「彼氏じゃない」人につけられたものなら…。その心理がどういうものなのか、気になるでしょ?

キスマークをつけたがる彼

よく言われている、鉄板の男性心理はこんな感じ。

*独占欲
*浮気防止
*自分を思い出して欲しい
*イタズラ心

すでにこれらの特徴は出回り過ぎてて「ソウデスネ」って感じ。だから今回はもうちょっと踏み込んでみた。

関係性や場所によって変化する意味

関係性や場所によって変化する意味
そもそもキスマークは肌に残るもの。一度つけられると2-3日は消えない跡。だからこそ独占欲の象徴とされている。

ということは、その独占欲の表し方にこそ本当の男性心理がある気がしない?

それじゃその表し方とは?今回はキスマークをつけられた場所に注目。

同時にキスマークをつけた男性との関係性もポイントになるから、とりあえず「本命の彼」「浮気相手」「セフレ」をピックアップして簡単に箇条書きしてみた。

■首筋などの隠せない、隠しにくい場所

本命の彼 :他の男から声をかけられないように(第三者への牽制)
浮気相手/セフレ :困ればいい(イタズラ心)

人に見られるかもしれない場所へのキスマークは、牽制の意味合いが強いもの。

まさに「俺の女だぞ、触るなよ!」っていうオスらしい強い表現だよね。

■服の下、裸にならないと見えない場所

■服の下、裸にならないと見えない場所

本命の彼 :自分を思い出して欲しい(2人だけの秘密)
浮気相手 :セックスを拒んで気まずくなればいい(イタズラ心)
セフレ :自分以外とセックスしにくくしたい(独占欲)

セフレから「服の下」にキスマークをつけられ始めたら、ちょっと脈ありを意識してもいいかもね。

なぜなら遊び慣れている人こそ、束縛をされる/する事を嫌がるものだから。困らせたいワケじゃないキスマークは意味深。

だから逆に、恋人になる気がないのなら縁を切るいいタイミングかもね。

■自分でも気づかない太もも裏などの場所

本命の彼/セフレ :自分しか見れない場所という優越感、浮気相手への牽制
浮気相手 :本気で彼氏と別れさせたい

コレは自己満足な行為と言っても過言じゃないね。特に女性に気づかれないようにつけているようなら尚更。

もしそれ以外に意味があるとするならば、あなたは疑われている!自分の言動を一度見なおしたほうがいいかもね。

…言わずもがな、浮気相手の場合は修羅場を覚悟して?

気持ちを落ち着ける意味もある?

気持ちを落ち着ける意味もある?
調べた結果の統計を書いてみたわけだけど。でも結局のところ、その男性の性格だったりタイミングだったりで心理はガラリと変わってしまうもの。

むしろある男性は「キスマーク=貧乏ゆすりだ」と言っている人もいた。

要はセックスの挿入中、ではなく前後にキスマークをつけたがる男性は「葛藤と我慢のバランスを取ろうとしている」んだとか。

挿入前なら「早く挿れたいけど、もうちょっと前戯しないとダメだよね」
挿入後なら「2回戦をしたいけど、まだダメだよね」

っていう葛藤を沈めるために、「ふにふにしている」女性の皮膚を吸ってしまうんだと思うってさ。

ちょっと目から鱗な話でおもしろくない?

セックス前後のキスマークが多い彼と付き合っている人、この真偽を確かめてみてよ。彼への愛しさが増しちゃうかもよ。

Comment Listこの記事へのコメント

※お知らせ※
記事リクエストについて⇒『募集ページ

コメントする

*